2007年03月24日

あ〜〜よかったよぉ (ノд・。)グスン


あれから血相変えてバタバタと実家に往復してまわってまして・・・
ほか、いろんな事がありすぎて
BLOGの更新できずにおりました。

実家の犬ですが、d何度も病院に足を運び注射してもらってなんとか元気になってきました顔(笑)
 極度の貧血だったらしく数値が600位のところ280くらいしかなかったそうです。あとは、腎臓肝臓が弱っていると。
 私も福祉の端くれ・・・mioが家に着き、口内を見たとき歯茎も真っ白で「こりゃ貧血で弱ってんな」と思ってたんですが
当たりですよ。しかもこの極寒の地方青森県で。外飼い。寒すぎて飯どころじゃねーみたいな&老犬=極端な食欲低下ってゆうのもあったんじゃないかな、、、
 まー結局は、食い物だったんだろなと思いますがね
きっと、とうちゃんなんかあげたんじゃないかなーとにらんでます。

だってさだってさ、一応パパだってさネギ類与えちゃいけないのは知ってるよ
でもね、見た目で判断しちゃうでしょ?
 ママがどんな過程でどんな薬味を入れたなんてパパには
分らないわけ、見た目でしか判断できないから、そこまできっと頭が回らなかったのはわかるんだ、
だからこそ、もう同じ間違いをして欲しくないと厳重注意してきました。

最初家に着いたときは、まったく動けなくて寝たきりじーさんだったけどもなんとか自力で起き上がりふら付きながらだけど、少しの距離を散歩出来る様にもなりました。うんうん。よかったよかった。


もぅ・・・あれから13年
人間で言ったら 74歳近く  もぅいい年だものね
今は気力で頑張っているけど本当にいつ急にまた倒れるか分らない
次倒れた時は・・・きっと とか思うと涙が止まらなくなる



よく犬は思い出しか残してくれないといいますが
それは違うと思う。ワンから学ぶことだっていっぱいあるし
そして、自分も成長できる。
 彼らの笑顔に癒される セラピードックなんていまはありますしね
可愛いの一言ですまされない ワンにはそんな不思議な魅力と力があるのです

ワンに限らずニャンだってそう
 ペットなんて って思う人もいるだろう
でも、私からすれば ペット なんかじゃない
パートナーなんだよって胸をはって大きな声で言えますけどね



ニックネーム mil at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 管理人の独り言・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろとお疲れ様。
弱ってきてるうちはまだ落ち着いてはいられるんだけど、いざ逝っちゃうとね。

ウチの実家のニャンコが、月曜の朝に向こうの世界に行っちゃいまして。
15年の人生(猫生?)だったので大往生ではあるけれど、いまだオフクロは悲しみに暮れているようです。顔(泣)
ペットなんてって人もいるかも知れないけど、家族だからね。

んでも必ずその日は来るから、それまでは大事に大事にしてあげたいもんな。
Posted by カシオヂ at 2007年03月28日 09:06
そうそう。
人間の世界?でもそうだけど
あのときこうしてあげれば良かった
もっと、遊んであげれれば良かったなんて
後悔したってもう遅いんだよね。

オジのママ悲しいよね。そうだよ悲しくないわけがないんだよ。
うちのパパも逝きそうになっちゃたとき
もう精神的にまいってしまって寝込んだもん

 
Posted by mio at 2007年03月28日 12:06
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/786679
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック