2007年04月22日

ローリーが天国に逝きました

21日22:55

姉とにゃぉが見守る中お空へ逝きました



まだお空に行く前に

 私と姉と電話で話している後ろで

にゃおが異常なくらい鳴いていた・・・

種類は違うんだろうけど やっぱりわかるんだろうね





鼻での呼吸が困難になり口で息をしていたそうです

かなり苦しかっただろうな



ここ一カ月の間に急変したローリー・・・

Drいわく原因は不明ただの老衰だろうとのこと





拾ってきたから推定だが 15.6歳。

 ずいぶん長生き出来たよ ロー



お空に行ったら 昔飼ってた柴のべんと一緒に

遊ぶかな・・でもおじいちゃんだからきっと挨拶くらいだね







最後の心残り・・・後悔は

そのときどうして実家に向かわなかったのか

 最後にローに会ったのは18日



ローリーとにゃぉが向かい合ってます

070418_230132.jpg

何か微笑ましい写真だけど

 あまり凝視出来ません。





ロー・・・  今度は夢の中で会おうね

ニックネーム mil at 00:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 管理人の独り言・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
15年あまりの思い出を持って、みんなに見送られて旅立ったローリーちゃんは幸せだったと思うよ?
必ず訪れることだけど、見送られる方より見送る方がツライはず。
残された者たちは辛く哀しいけど、ローリーちゃんにそんな思いをさせなかったのだから、そう考えればやっぱりローリーちゃんは幸せだったのかも。
向こうの世界でも楽しく過ごしてくれるといいね。
Posted by カシオヂ at 2007年04月22日 23:34
幸せだったかな・・・そうかなそうなのかな。
でも誰かにそう言われると少し安心してる自分がいる。
ローは最後になにを訴えていたんだろうとか
もっともっと、実家に行って接してあげられればなって・・・
 それに老犬になってからの事を考えて自分の知識のなさに腹が立つことも確か。
人間の介護してるくせに知識がないなんてって・・・
 腹が立つし思い出したり昔の写真見たりして、でも・・・ちょっと今でも実家に行ったら会えるかなって、まだ死を受け入れられていない部分もあって、だから・・・だから実家に足を向けたいと今は思わない。
行ったら、本当に現実に突き落とされそうで。
・・・おかしいかな。

 死ってなんだろう死んだら何所に行くのかな。仕事でも向こうの世界に逝った人は何人かいるけど、、、、おかしい話だけど未だに死って悲しいけれど不思議でならない。本当はまたひょっこり何所かにいるんじゃん?って思っちゃう。

・・・こんな自分おかしいかな。

ロー・・・一ヶ月で急変するのっておかしいよ迎えが早すぎるよ。
Posted by mio at 2007年04月23日 01:14
そうだね、先週実家へ行ったのだけれど、先日亡くなっていなくなったはずのネコを探してしまうんだよね。
ドアを開けるときも出て行きはしないだろうか考えちゃって、感覚的にドアをサッと閉めちゃったりね。
急にいなくなっちゃうってのは、思っている以上に受け入れられないものかも知れないね。
んでも、飼い主さんたちが落ち込んでる姿を向こうの世界から見ていたら、きっとツライんじゃないかな?
一緒に過ごしてくれたことに感謝しつつ、前を向いて生きていかないとね。

と、オレは勝手に思ってますが。
Posted by カシオヂ at 2007年04月23日 11:51
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/818248
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック